静岡から日本経済を切り拓く経営者集団 静岡経済同友会 静岡協議会

活動報告

1.総括

目次に戻る

 本年は、代表幹事の任期が2年に改訂された最初の年度であり、また、本会の主要な事業を例会中心から委員会中心に切り換えた2年目の年度でありました。そこで、本年度の委員会は昨年の主要テーマである「まち・ひと・しごと地方創生」を引き継ぐこととし、「ひと」と「しごと」に関しては昨年のテーマを深化させるとともに、「まち」に関しては「駿河の国、まち興し委員会」を中心に、清水地区に於いては「清水港ウォーターフロント(折戸湾)再開発検討委員会」を設置して、再開発プランの策定にチャレンジしていただきました。 また静岡・清水地区のまちなかについては「中心市街地賑わい創出委員会」および「歴史と文化にあふれるまちづくり委員会」を設置して、今後のまちづくりの磨き上げの方法を議論していただくこととしました。
 いずれの委員会においても、2年間の任期の最初の1年間は、それぞれのテーマを掘り下げて2年目の提言に向けて調査・研究を進めていただくこととしました。

 また、新しい企画として、「安倍川大谷崩れ山腹法面工事の視察」や会員企業である「株式会社アイエイアイ様の工場見学」も実施し、見聞を広めることができました。
 さらには、山梨経済同友会のメンバーを7月例会にご招待し、一緒にNXCO中日本清水工事事務所所長の「中部横断自動車道全面開通への期待」の講演を拝聴し、今後の連携事業等の可能性を議論するなど、交流・懇親を図ることができました。
 また、本年度当会が幹事の静岡経済同友会三協議会合同例会につきましては、総務委員会および折戸湾再開発委員会にも協力をいただき、浜松協議会・東部協議会の会員諸氏にも清水港の現況を視察していただいた後、日本平ホテルにて難波副知事による「清水港ウォーターフロントへの期待」の講演会、ならびに懇親会を開催して交流・懇親を行いました。

 その他にも、別葉に記載のとおり、委員会活動、幹事会、例会・懇親会、 また親睦事業に至るまで、多くの会員の皆様のご協力をいただいた1年間でありました。この場をお借りして御礼申し上げるとともに、29年度につきましても、28年度の活動をもとに、宣言や提案書の策定に向けて一層のご尽力をくださいますようお願い申し上げます。

目次に戻る

page top

静岡経済同友会 静岡協議会
〒420-0034  静岡市葵区常磐町1丁目4番地 第1ヨシコン常磐町ビル3階
TEL.054-255-5310  FAX.054-253-7809
Copyright © 2008 SHIZUOKA KEIZAIDOUYUKAI. All Rights Reserved.